アフィリエイト基礎講座vol.13「アフィリエイト作業で最適なパソコンは?」

アフィリエイト作業で最適なパソコンの4つの基準&おすすめメーカーの紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイト作業で最適なパソコンはどれなのか?

今回収録した動画は
「アフィリエイト作業で最適なパソコン」について。

内容としてはかなり軽い話になっていますが、
意外とこうしたパソコンの基本的な話って大事だよなと思っています。

パソコンのスペックは、日々進化しているので、
具体的なメモリ容量やCPUまでの詳細を動画で話せなかったのは少々残念です。

ただ、数年経っても対応できる内容で収録してあるので、
パソコンの買い替えを検討している場合にはぜひご参考下さいませ。

 

ちなみに僕は、パソコン知識に関してはズブの素人です。

自作PCとかは自分で組んだことがなく、
注文する時はBTOで注文するレベルの知識なので、

パソコンのガチ勢の方からすれば、足りない点も多いかと思いますが、
何卒寛大なお気持ちでご容赦・ご指摘頂けますと幸いですm(_ _)m

あと、僕はwindowsしか扱わないので、
macに関しては誰か他を当たって下さいませ。

 

アフィリエイト用のパソコン選びの基本は「1年前の型遅れPC」

動画内でもお伝えしましたが、
やっぱりアフィリエイト用のパソコンは「1年前の型遅れPC」が狙い目です。

理由は

  1.型遅れで値段が下がっている
  2.アフィリ作業に高スペックはいらない
  3.どうせ2年に1回は買い替えるから

僕の場合、こういった理由があるので、
パソコンを選ぶ時は、基本的に1年前の型遅れPCを選ぶ様にしています。

 

最近は、マウスコンピューターなどでBTOパソコンを注文しますが、
誰か他の人にパソコンを見繕う時も、今紹介した基準で探してきます。

※BTOパソコン…受注生産PCのこと。セミオーダー式で、ある程度の選択肢の中から希望のパーツを選択。組立から発送まではメーカーサイドで行ってくれる。値段は少し高めだが予算を決めてハイスペックPCを組んでもらえる。

 

パソコン購入の基本は価格.comさんから注文

1年前の型遅れPCを探すとなると、
大抵の家電量販店で探してもまず見つかりません。

そこで、僕がよく利用するのが価格.comさん。

価格.comなら1年前位までのパソコンも
スペック検索から簡単にヒットするので、楽です。

 

それと、僕は1年前のパソコン探す為に、
発売日からソート整理して探している訳ではありません。

これには僕がパソコンをチェックする時に、
ある程度の希望したスペックを入力して検索し、

値段の安いもの順にソートし直すと、
大体が1年前の型遅れPCになることが多いだけです。

 

動画では尺の都合で「1年前の型遅れPCがおすすめ」と断言していますが、

正確には、スペックと値段の両方をチェックすると、
一年前のパソコンになることが多いので、動画の様な説明になっているだけです。

 

パソコンを比較する時にチェックするポイント

2016年3月3日の時点で、

僕がアフィリ用の作業パソコンを見繕ってくれと言われたら、
たぶん以下の様な条件で検索すると思います。

ノートパソコンを基準に考えると

  1.CPUチップ⇒Corei シリーズ
  2.コア数⇒4コア以上
  3.物理メモリ⇒4G以上
  4.ドライブ⇒500G(1TB以上)

何のこっちゃ分からない方は別に構いません。
一応簡単に、解説を以下にまとめておきます。

 

1.CPUチップ⇒Corei シリーズ

パソコン本体の脳みそ部分。
CPUの性能の高さがパソコンの処理能力を決めます。

このCPUには「Intel」と「AMD」が有名だそうです。
※僕は「Intel」しか使ったことがないので、他は分かりません…

ちなみにIntelのCPUで選ぶなら、
僕は少々の予算オーバーをしてでもCore iシリーズを注文します。

 

以前、廉価版のIntel celeronシリーズを買いましたが、
熱に弱く、長時間の作業では処理速度が落ちた上、すぐに壊れた苦い思い出があります。

長時間アフィリ作業をするなら、やっぱりCore iシリーズが一番です。
(BTOの時はグリスと冷却ファンも取り付けます。)

CPUの性能説明
http://homepage2.nifty.com/kamurai/CPU.htm
(「パソコン・ハードウェア初心者の館」様より)

 

4.コア数⇒4コア以上

すごく乱暴に言えば、パソコンの脳みその数です。

コア数が1個よりも2個の方が処理能力が早く、
コア数が2個よりも4個の方が処理能力が早いです。

コア数が多ければ多いほど、
同時に処理できるスピードが速くなるイメージだと思って下さい。

コア数は、CPUの種類によって予め決まっているので、
CPUチップを新たに追加すればコア数が増えるというものではありません。

 

CPU選びの基本:マルチコアとマルチスレッド
http://www.pasonisan.com/pc-cpu/base-multi-core.html
(「納得パソコン購入術!パソ兄さん」様より)

 

アフィリエイターの場合、
(と言うか、僕の場合ですが)

・音楽を聴きながら
・シリウスを立ち上げ
・サンダーバードなどのメーラーを立ち上げ
・エクセルを立ち上げ
・ウェブブラウザを立ち上げ
・Fireworksなどのadobeのソフトを立ち上げ
・power pointを立ち上げ
・動画編集ソフトも使いながら
・自動アフィリツールを動かす

という事を毎日やっているので、
CPUは性能が良いものを選ばないと処理速度が一瞬で重くなります。
(デスクトップの場合ですが…)

 

ノートパソコンを選ぶ場合でも、
コア数が多い方が処理速度も一般的には早くなるので、

僕としては4コア以上のCPUであるCore i5以上のスペックをおすすめしたい所です。

※実は、クロック数はあんまり見ていません。
どうせCore i5以上なら2.4GHz以上はあるでしょうし。

 

3.物理メモリ⇒4G以上

物理メモリと言うのは、パソコンの一時記憶容量のことです。

何かのソフトを立ち上げると、ハードディスクに保存するまでの間、
一時的にデータ内容を覚えておく必要があります。

そこで活躍するのが物理メモリ―です。
イメージ的には「一時記憶ができるテーブルの広さ」だと思って下さい。

 

物理メモリが大きい⇒テーブルが広く作業しやすい
物理メモリが小さい⇒テーブルが小さいので作業しにくい

少し乱暴ですが、こんなイメージだと分かり易いと思います。

 

実際、物理メモリが小さいと、一時記憶できる容量が少ないので、
ソフトを複数立ち上げることが出来ず、動作も不安定になりがちです。

メモリ(メモリーカード)の性能説明
http://homepage2.nifty.com/kamurai/MEMORY.htm
(「パソコン・ハードウェア初心者の館」様より)

 

2016年3月時点の判断であれば、

ノートパソコンなら4GB以上、
デスクトップなら8GB以上は欲しいです。

 

4.ドライブ⇒500G(1TB以上)

ドライブは、パソコンの記憶容量の部分です。

この容量が大きいと、色んなソフトをインストール出来たり、
動画や画像を沢山保存することが出来る様になります。

HDD/SSDの性能説明
http://homepage2.nifty.com/kamurai/HDD.htm
(「パソコン・ハードウェア初心者の館」様より)

 

良くCドライブとかDドライブとか言いますが、
これは便宜上、ハードディスクの名前を呼び分けているだけです。

windowsの場合、一般的には

・Cドライブ…起動ドライブ
・Dドライブ…ユーザー保存用のドライブ

と言う風に分けて使われていることが多いです。

それとSSDとHDDがありますが、
僕はCドライブはSSD、DドライブはHDDにしています。

 

最近では、SSDとHDDを長点を組み合わせた「WD Black2」なるものが登場しています。

次買い替える時があれば、絶対に搭載してみたいですね。。

デュアルドライブWD Black2搭載BTO PCは有り無し?
http://bto-pc.jp/btopc-com/select/wd-black-2-mcj.html
(「BTOパソコン.jp」様より)

 

容量の目安としては、500GB以上あれば、
2016年3月の時点では十分じゃないかなと思っています。

もしそれでも不安であれば、
外付けHDDやドロップボックスなどで拡張しましょう。

 

個人的に好きなパソコンメーカー

最後は、僕が個人的におすすめしたいパソコンメーカーを紹介します。

  1.ASUS(台湾)
  2.acer(台湾)
  3.HP (アメリカ)
  4.マウスコンピューター (日本)

この4つに関しては、実際に僕が使って良かったなと感じたPCメーカーです。

東芝とかパナソニックなどの国産メーカーのパソコンは、
購入した事がないので、正直よく分かりません。

(と言うか、国産PCが高過ぎる!)

マウス以外は全部外国メーカーですが、
どれも安定的に動いてくれるので僕は好きです。

特にノートの場合は、どうせ2年に1回は買い替えるので、
外国産のパソコンで十分かなと思っています。

 

逆にあまり良く感じなかったのが「renovo(中国)」です。

何と言うか、安かろう悪かろうという印象がどうしてもありまして…

台湾メーカーのacerは好きなんですが、
renovoはどうしても好きになれませんでした。

この辺は好みだと思うので、
最終的に好きなメーカーを探されてみて下さい。

 

パソコン選びはアフィリエイト作業の基本

今回はパソコン選びという、
アフィリとは少し話題がそれが話をまとめました。

でも、アフィリ作業をするのなら、僕はパソコン選びはとても大切だと考えています。

アフィリエイターのパソコンと言うのは、
職人にとっての仕事道具と一緒だからです。

・料理人にとっての、包丁。
・大工さんにとっての、鉋。
・タクシー運転手にとっての、車。
・野球選手にとっての、グローブ。

それくらい、アフィリエイターにとってパソコンは、
切っても切り離せないくらい大切な仕事道具です。

 

僕はパソコンの買い替えを甘くみていたことが原因で、
仕事効率が著しく下がった経験をしました。

それ以来、パソコン選びと言うのは、真剣に考える様になりましたし、
お蔭で作業も快適にできる様になりました。

本当はキーボードやマウス、モニターにも少しこだわりがあるんですが、
その辺はあなた自身でこだわりを見つけて頂けたら幸いです。

 

何だかんだ、かなりの長文になってしまいましたが、
以上で、動画の補足記事を終わりたいと思います(`・ω・´)ゞ

 

■追伸1■
繰り返しになりますが、
僕はパソコンは自作PCも組めない素人です。

なので、適切でない表現などがありましたら、
お手柔らかなご指摘のほどお願い致しますm(_ _)m

 

■追伸2■
動画やブログの他にもメルマガもやっています。

メルマガではアフィリエイトの話の他に、
自分の力で稼いでいくために必要な話なんかを話しています。

もしあなたが、アフィリエイトやネットビジネスに
真剣に取り組みたいと思っているのなら、

ぜひ今すぐ登録して下さいね!

>>メルマガの詳細はこちらをクリック!<<

ささみりん

ささみりんアフィリエイト・トータルアドバイザー

投稿者プロフィール

1984年生まれ

2011年よりアフィリエイトに着手。
2012年ペラサイト運営だけで100万円を突破
2013年には月1000万円まで突破
2014年にペナルティで報酬が瓦解。
2015年には月300万円にまで持ち直す。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

姉妹サイトに「起業するには?年収3000万の起業家が語る99%失敗しない起業の法則」がある。

好きな言葉は「一期一会」「今がスタート」「どうせやるなら本気でやる」

さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • とおりすがり
    • 2016年 4月 09日

    acerは一応(台湾)にしておいたほうが印象が良いかと。
    昔ほどではないけどイメージ的にはまだまだ「中国はだめ、台湾はマシ」って状況だとおもうので・・・。
    一般の人からしたら細かい違いかもしれないですけどね。

    • ささみりん
      • ささみりん
      • 2016年 4月 27日

      ご指摘ありがとうございます。さっそく修正させて頂きましたm(_ _)m

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:ささみりん

ささみりん

1984年生まれ。2013年、月収1000万円を超える。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ページ上部へ戻る