アフィリエイトでロングテールを狙う5つの狙い

アフィリエイトでロングテールを狙う5つの狙い

アフィリエイトでロングテール戦略は大切!

アフィリエイトに挑戦すると、一度は「ロングテール」という言葉を聞いたことがあると思います。ロングテールと言うのは簡単に言えば「アクセス数は少ないけど、数を揃えてアクセスをかき集める」というものです。

long-tail
(引用元:http://www.busi-sp.jp/long_tail.html

そんなロングテールについてですが、
僕はロングテールだけを積極的に狙うのは、ナンセンスだと思っています。

要はつまらないって事です。

 

もちろんアフィリエイトの戦略上、ロングテールはとても大切です。

ですが、このロングテールだけに振り回されてサイトを量産してしまうと、収集のつけられないゴミサイトが増えるだけです。

なら一体どうすれば良いのか?

今日は僕なりのロングテールを狙う本当の理由を5つに分類して解説したいと思います。

 

 1.ロングテールは守備型の戦略
 2.ロングテールはゴミページの量産ではない
 3.狙うものはブランディングと信頼性
 4.ロングテールは内部リンクの強化を狙う
 5.負けない土俵を作っていく

 

1.ロングテールは守備型の戦略

まず大前提にあるのは、
「ロングテールは守備型の戦略である」ということです。

ロングテールは1キーワード当たりのアクセス数は少ないですが、
上位表示をさせやすいキーワードを数が多く狙って作成するのが基本です。

 

それに対し、攻撃型の戦略とは、
外部リンクを沢山いれて積極的に上位表示を目指していく方法です。

どちらが良いとか悪いとかの話ではなく、
ロングテールはあくまで守備型が基本の戦略だという話。

なのでロングテールのすべてのページを上位表示させようとか考えると、
だんだん作業として苦しくなってくるので注意しましょう。

 

2.ロングテールはゴミページの量産ではない

もう一つ注意して欲しいのが
「ロングテールはゴミページの量産でなない」ということです。

ロングテールの考え方は色々ありますが、
基本的には2種類あって

 ・1つのページの文章量を長くして、ロングテールを集める
 ・大量の記事ページを量産して、ロングテールを集める

この2つが基本的な方法になります。

 

なので、1つのページの文章量を増やす為に、
自動生成した記事を入れたり、外注記事を大量に入れても、
期待できる効果としては上限があるということです。

(でも、効果は一応あります)

画像や動画を入れつつ、内容全体を濃くしていく。
これがロングテールで集客していく時の基本になります。

 

3.狙うものはブランディングと信頼性

アフィリエイトでロングテールの戦略を取る場合、
僕が狙っているのはブランディングと信頼性です。

特にアフィリエイトなどのノウハウと直結する様なコンテンツの場合、
一見さんでクロージングはまず難しいです。

 

それよりも、何度か訪問してもらって、
最終的にはクロージングを掛けた方が効率が良いからです。

他にもダイエットやFXなど、
継続的に誰かを追跡して情報を追いかけたい様な場合は

ロングテールを集めていく様なサイト構造にすると、
リピーターも増えていくのでおすすめです。

 

4.ロングテールにより内部リンクが強化される

ロングテールを狙ってページを増やしていくと、
内部リンク(内的SEO)が自然と強化されていくのでプラス面が大きいです。

また記事数が増えていくと、
自然とクローラーの巡回頻度も高くなっていくので、

検索クエリの数も増えてきますし、
全体的にアクセスが増えてくるのも大きなメリットです。

 

質の高いページを何十ページも用意していく。

途方もない作業にはなりますが、これを構築していくと、
あなただけの強大なロングテールサイトが完成するので頑張りましょう。

もちろん、ロングテールを狙っていくうえで、
いくつかの注意点はあるんですが、それはまだ後日解説します。

 

5.負けない土俵を作っていく

僕がロングテールを積極的に狙っていく場合は、
この「負けない土俵」を最終ゴールにしています。

何かノウハウをまとめた情報サイトは、
正直、星の数ほどあります。

その中でも

 ・とりあえずお気に入りに入れてくれる人
 ・ためしにメルマガに登録してくれる人
 ・情報コンテンツを読み続けてくれる人

こういった人たちを少しずつ増やしていくことが、
ロングテールを狙っていくと少しずつですが可能になります。

 

その為には、1ページ1ページを情報の質を上げていく事が必要です。

これを、外注記事だけで埋め尽くしたり、
自動生成で作った記事だけでロングテールを狙うと、

アクセスはやってきますが離脱率が増え、リピート率も上がらない。
そして固定ファンも付きにくいので、成約に結び付きにくい。

アフィリエイトでロングテールを狙ったサイトを作る時も、
この負けない土俵をいかに作っていくかが大切になります。

 

ロングテールは上位表示だけを目標にしない

今回はロングテールで上位表示させる時の、
僕なりの狙いやルールについてお伝えしました。

そしてロングテール主体でサイトを作成する時は、

「ビッグキーワードで上位表示させることだけを目的にしない」

という事です。

 

たしかにビックキーワードで上位表示さえた方が、
華もありますし、大量のアクセスが入って来ます。

ですが、競合が激しいキーワードでの勝負は、
最終的には外部リンク頼りになってくる場合がほとんどです。

そのため、ある程度ペナルティを受けるリスクを織り込んでやる必要があります。

 

つまり、

 ・ビックキーワード狙いで、ロングテールに取り組むのか?
 ・負けない土俵作りの為に、ロングテールに取り組むのか?

ここの目的をサイト作成の段階から、
あらかじめ決めて作った方が、サイト運営の時に方向性がブレにくいと思います。

 

どちらの方法を戦術を選択しても問題ありません。
ただ、初めの段階で取るべき戦術を決めないと、後から大変だと思います。

ロングテール戦略でアフィリエイトを攻略する場合は、
ぜひ事前に方針を決めてから取り組むようにして下さいね!

 

■追伸■

僕が今せっせと作っている「負けない土俵」は、
こちらのメルマガでございます。

サイト作成の話や、キーワード選定の話などもしているので、
きっとあなたのレベルアップにつながると思いますよ!

>>メルマガの詳細はこちら!<<

ささみりん

ささみりんアフィリエイト・トータルアドバイザー

投稿者プロフィール

1984年生まれ

2011年よりアフィリエイトに着手。
2012年ペラサイト運営だけで100万円を突破
2013年には月1000万円まで突破
2014年にペナルティで報酬が瓦解。
2015年には月300万円にまで持ち直す。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

姉妹サイトに「起業するには?年収3000万の起業家が語る99%失敗しない起業の法則」がある。

好きな言葉は「一期一会」「今がスタート」「どうせやるなら本気でやる」

さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:ささみりん

ささみりん

1984年生まれ。2013年、月収1000万円を超える。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ページ上部へ戻る