アフィリエイトにSEOが必要な5つの理由

アフィリエイトにSEOが必要な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜアフィリエイトにはSEOが必要なのか?

ここ最近のアフィリエイトの流れを追いかけてみると、

   ・アフィリエイトは終わった
   ・アフィリエイトはもう稼げない
   ・ブラックなSEOは通用しない
   ・独自コンテンツこそが生き残る道だ

と言った雰囲気が、なんとなく僕の周りでもささやかれています。

でも、僕はこういった時こそSEOの力をもう一度見直してみるべきじゃないかと考えています。

 

そもそも、SEOと言うのは「検索エンジン最適化」の事なので、
「SEO=上位表示対策」としか考えていないことが間違いだと思います。

つまり、アフィリエイトに挑戦する以上、
「SEOは切っても切り離せない存在である」ことをもう一度再認識する為に、この記事を書きました。

 

あなたがSEOに悩んでいるのであれば、

  1.SEOは単なる上位表示対策ではない
  2.SEOを適切に行えばアクセスは増える
  3.今と昔のSEOの意味は少し変わっている
  4.リンク対策だけがSEOではない
  5.SEOは戦略がハマると楽しい

この5つの意味について解説していくので、もう一度、一緒に考えていきましょう。

 

1.SEOは単なる上位表示対策ではない

冒頭での記事でも少し書きましたが、
SEOと言うのは単なる上位表示対策のことではありません。

元々は「Search Engine Optimization」つまり、
「検索エンジンの最適化」がSEOの日本語訳と言う事になります。

だから何なんだとあなたは思うかもしれませんが、
この辺りの言葉の意識の微妙なズレが、SEOで苦労する人を増やしている一つの原因だと僕は思っています。

 

もちろん、上位表示対策もアフィリエイトにおいては重要です。
でも、SEOは単なる上位表示対策のことだけではないという事です。

この理由については、この次に詳しく説明させて下さい。

 

2.SEOを適切に行えばアクセスは増える

「SEO=上位表示」としか認識できずにいると、
気付きにくいのですが、

常に検索エンジンの最適化(SEO)を行っていくと、
ロングテールからのアクセスや、他サイトからのアクセスが、ゆっくりですが増える仕組みになっています。

 

これは前回の記事
アフィリエイトでグーグルの順位を上げる10の法則」を読んでいただけると、何となくイメージがつかめると思うのですが

内的SEOやクローラーの管理をしていくだけでも、
アクセスを増やしていくことは可能だと言う事です。

目標のキーワードを狙い過ぎるのではなく、
ロングテールからの集客も現代のSEOでは重要な要素だと考えて下さい。

 

3.今と昔のSEOの意味は少し変わっている

2013年頃までのSEOと言えば、
「狙ったキーワードを外部リンクで上位表示していく」という意味が強かったです。

ただ、2014年頃からのSEOでは、
「外部リンクが効きにくい時代になった?」と言われ始めました。

そして2015年、2016年のSEOは
「外部リンク以外の、内的要素を見直す時代」だと思われます。

 

グーグルの検索システムの大前提は、
「相対評価に基づいて、検索順位を並び替える」なので、

すぐに成約につながりやすい即決系のキーワードは、
上位陣のサイトが強くなりすぎて、従来の被リンク対策だけでは敵わない状態になっています。

 

検索結果の1ページ目(10位以内)に入ろうとして、
何千、何万と言うサイトが争うようになったら、

外部リンクだけでは上位表示しにくくなるのは、
当たり前と言えば当たり前の話だと思いませんか?

 

だからこそ今のSEOは、外部リンクだけでなく、
内部リンクやクロール管理など、総合的に出来る部分は全部やってしまったうえで、

狙いたいキーワードやロングテールに取り組んでいく必要があるんです。

 

4.リンク対策だけがSEOではない

ただ単純に「被リンクだけを集めればペラサイトでも簡単に上位表示」という方法は、今後一層厳しくなると予想しています。

もちろん、僕のブログや動画でも、
ペラサイトで上位表示させる方法などは時々解説していますが、

基本的には、ペラとは言えないくらい内容を固めて、
内部リンクも最低限のレベルで対策をやっています。

 

また可能であれば、SNSなどのソーシャル系との連携も重要です。

 

SEOを行う目的が、上位表示の研究ではなく、
「見込み客を集客して、モノやサービスを購入してもらう」ことなのであれば、

別にgoogleの上位表示対策だけに苦心する必要もなく、
facebookやyoutubeからアクセスを集めてくればいいだけの話です。

もちろん各SNSによって、集客方法や手順と言うのは違いますが、
この辺も、ある程度僕の中で方法論がまとまったら公開したいと思います。

 

5.SEOは戦略がハマると楽しい

SEOを辛く、苦しいものだとあなたは思っていませんか?
確かにSEO対策をして結果がなかなか現れてこないと、気持ちが苦しくなってしまいますよね。

そんな時は、初めてSEOで結果を出せた時を思い出してみて下さい。
どんな小さな成功体験でも構いません。

 

きっと今もあなたがSEOについて考えていると言う事は、
その時のちょっとした喜びや楽しさがあったからこそ、今もSEOに取り組んでいるのではないでしょうか?

SEOと言うのは、戦略がハマればとても楽しくなるものです。

だからこそ、もう一度SEOが楽しくなれるように、
このブログを通して、あなたも一緒に頑張ってみませんか?

 

「SEOは相対評価の結果である」という事実

もしあなたが、SEOの情報に日々左右されてしまっているのであれば、
「SEOは相対評価の結果に過ぎない」という事実を覚えておいて下さい。

 

確かに、SEOの情報や内容、対策やテクニックと言うのは、
その時の時代や流れによって、激しく変わっている様に感じます。

でも、根本的なルールは何も変わっていないという点は忘れてはいけません。

問題なのは、SEOというルールが時代や流れによって、
常に激しく変わっているように見えてしまっていることです。

 

表面的なルールや、アルゴリズムの変動などはありますが、
「SEOは相対評価の結果である」という事実は変わりません。

つまり、常に上位表示を続けているサイトや、
アクセスが安定して入ってきているサイトから学ぶ事により、

あなたにもSEOで成功するチャンスは十分にあるという事です。

 

どうしてもSEOで苦労したり、苦しい事があった時には、
ぜひ僕に相談して下さい。

メルマガをやっているので、きっとあなたの力になれると思いますよ。

 

■追伸1■
ホワイトハットなつもりはゼロですが、
最近は、この文書を一応参考にしています。

Google が掲げる 10 の事実

第4項に「ウェブ上の民主主義は機能します」とあるので、
やっぱりまだまだリンクは効いていると言うは事実です。

ただ、得票数の格差がデカすぎるので、
ロングテールを狙うことも考えた方が良いのでは?

と最近思って、第1項の「ユーザーに焦点を絞れば~」に従い、
今はユーザー目線の勉強のためにも、このブログで頑張ってます。

 

■追伸2■
もしあなたがSEOやアフィリエイトでお悩みの場合は、
ぜひご相談くださいませ。

会社を辞めて自由な生活を手に入れたい!
自分をとにかく成長させてレベルアップしたい!

そんな事を真剣に考えているのなら、
きっと僕のメルマガがあなたの力になると思います!

>>メルマガの詳細はこちらをクリック!<<

ささみりん

ささみりんアフィリエイト・トータルアドバイザー

投稿者プロフィール

1984年生まれ

2011年よりアフィリエイトに着手。
2012年ペラサイト運営だけで100万円を突破
2013年には月1000万円まで突破
2014年にペナルティで報酬が瓦解。
2015年には月300万円にまで持ち直す。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

姉妹サイトに「起業するには?年収3000万の起業家が語る99%失敗しない起業の法則」がある。

好きな言葉は「一期一会」「今がスタート」「どうせやるなら本気でやる」

さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:ささみりん

ささみりん

1984年生まれ。2013年、月収1000万円を超える。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ページ上部へ戻る