アフィリエイトでグーグルの順位を上げる10の法則

アフィリエイトでグーグルの順位アップ!10の法則を紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトでグーグルの検索順位を上げるには?

グーグルで検索順位を少しでも上げたい!

こんな事を考える人は、きっとあなただけでなく、
多くのアフィリエイターや企業が抱えている問題かと思います。

そこで今回は「グーグルの検索順位を少しでも上げていくための方法」として、
一体どんな事が「今」有効なのか?

今回は僕が特に注意している10個の方法についてまとめました。

 

内的要素について
   1.記事は定期的に更新する
   2.狙うべきキーワードははっきりと書く

ウェブマスターツールに対して
   3.ウェブマスターツールを活用する
   4.サイトマップは送信しておく
   5.robots.txtでクロールを管理する

外的要素について
   6.自然なリンクは最初からあてにしない
   7.リスク覚悟の自演リンクはいる
   8.どうしようもない自演リンクも時にはある

その他、グーグルの順位アップについて
   9.ソーシャルとの連携をしておく
   10.負けない土俵を作っていく

 

現状、これら10項目を出来るかぎり高い次元で満たすことによって、
サイトやブログからのアクセスは安定し、全体的な順位もアップするはずです。

グーグルの順位アップに関しての対策や考え方は人それぞれだと思いますが、
これらの内容はかなり効果があると思うので、

もしあなたが、本気でグーグルの順位アップについて悩んでいるのなら、
ぜひ実戦して下さい。

 

内的要素に関して

まずはSEOの基本である、内的SEOについてのお話です。

この辺りは、グーグルが公式でマニュアルを配布しているので、
まずはそちらを参考にしてみて下さい。

このマニュアルを軽く見ているアフィリエイターが多いですが、
大事なことがてんこ盛りなので、一度は印刷して読む事をおすすめします。

 

1.記事は定期的に更新する

記事は毎日更新する

グーグルの公式レポートによると、
「6か月以上も放っておくと言うのはあり得ない」だそうです。

公式のレポートでは「更新を頻繁に行う」とあるので、
「頻繁」の頻度が分かりませんが、理想としては毎日更新したいです。

 

とは言え、1人で何十サイトも管理するアフィリエイターとって、
自分の手持ちサイトを毎日更新するのは現実的ではありません。

そこで、最低でも1週間に1度は記事の追加が出来る状態を目指して下さい。
売り上げを安定させたいなら更新頻度は常に高めておくことが大切です。

 

もし毎日更新したり、週1更新ですら厳しい場合は、
信頼できる専任の外注ライターさんを確保していきましょう。

最低限の記事の品質が保てるライターさんであれば、
記事を追加して行ってもマイナス評価に繋がることはないかと思います。

 

2.狙うべきキーワードははっきりと書く

キーワードはしっかり狙う

アフィリエイターが一般的に言う「内的SEO」の話がこれです。
あなたも一度は耳にした話だと思います。

特にこの話は、最近の内的SEOの話では必須の部分のパートです。

具体的には、

  ・タイトルタグ
  ・見出しタグ(h1,h2,h3,h4…)
  ・meta description
  ・記事本文

それぞれの要所に、上位表示を狙うキーワードを適切に挿入していく事が、
グーグルの検索順位の向上につながると言われています。

これは、内的SEOのもっとも基本的な部分なので、
まだ対策出来てない場合は、今すぐ対応した方が良いです。

 

この対策をしたからと言って、
順位が劇的に改善する訳ではあまりありませんが、

上位表示させるための、必要条件を整えるための作業。

だと捉えて、今紹介したそれぞれの箇所に、
あなたが狙いたいキーワードを挿入する様にしていきましょう。

ただし、不自然にやり過ぎてもダメなので、
この辺りは実践していく中でちょうど良い加減を覚えていって下さい。

 

(参考までに)
このブログであれば、全体のテーマは「アフィリエイト」なので、
タイトルタグや、見出しタグは「アフィリエイト」と言う言葉を中心にして、ブログ全体を攻めています。

そして、アフィリエイトの「何の部分が知りたいのか?」によって、
カテゴリーを分けて行き、カテゴリー単位で見出しタグやタイトルタグを調整していく感じです。

 

グーグルのクローラーに対しての配慮

多くのアフィリエイターは軽視しがちですが、
僕はこのクローラー管理をかなり意識するようになりました。

これはクローラーの巡回頻度が多い方が、
自然とロングテールからのアクセスも集まりやすいという事に気が付いたからです。

 

(2015年12月31日追記)
あれから色々と調べ検証した結果、
クローラーの巡回頻度とSEOの上位表示は関係の無いと結論つけました。

その理由についてはこちら
クローラーの巡回頻度とSEOの上位表示には本当に相関関係があるのか?

クローラーと上位表示は直接的には関係が無いにしても、
インデックス速度の上昇やサイト管理には便利なので、対策をした方がよいのは間違いありません。

 

 

初挑戦の時は、ちょっと面倒臭く感じますが、
慣れたら5分程度で出来るので、必ずやっておきましょう。

 

3.ウェブマスターツールを活用する

ウェブマスターツールには必ず登録

あなたはウェブマスターツールに登録することを嫌がってはいませんか?
正直、僕はウェブマスターに登録することが嫌なアフィリエイターでした。

それまでの僕は
「ウェブマスターツールに登録したら、自演リンクがバレるじゃないか」

と訳の分からないことに悩んでいたんですが、
よくよく考えれば、自演リンクなんて今時ウェブマスターに登録しなくてもすぐにバレます。

なので最近は「こんな無料ツール使わないだけ損だな」と思って、
積極的に活用するようになりました。

 

ウェブマスターツールを使うことで、

   ・クローラーの巡回頻度の解析
   ・インデックス速度の計測
   ・検索クエリ(キーワード)のチェック
   ・クロールエラー
   ・サイト内リンク
   ・被リンクのチェック

集客やSEOで必要なあらゆるデータをタダで見ることが出来るからです。
有料のアクセス解析ツールよりも、立派に動いてくれるので優秀すぎます。

たぶん代わりにこちらの登録情報もダダ漏れなのでしょうが、
その辺は、持ちつ持たれつの精神で、どうでも良いかなと思っています。

 

ウェブマスターツールの登録を推奨すると、
「ささみりんお前もホワイトハットになったのか…」とか思われそうですが、

ホワイトハットとかブラックハットとか関係なく、
あなたが本気でサイトから人を集めたいと思うのであれば、

最低でも1サイトは必ず登録しておいた方が良いと思います。
それだけ、今のウェブマスターツールは強力です。

 

4.サイトマップは送信しておく

サイトマップは必ず送信

ウェブマスターツールに登録するなら、
合わせてサイトマップは必ず送信しておいて下さい。

別に僕はこれでインデックス速度が向上したという体感はありませんが、
クローラーの効率が高まるらしいので、僕はやっています。

サイトマップを送信する意味
(「Search Console ヘルプ」様より)

 

それと、ウェブマスターで表示される、
各種エラーや改善要求に対しても、細かく対応しておいた方が良いです。

こうした対応の積み重ねをしても、

グーグルなどの検索エンジンの順位向上に100%繋がるとは思いませんが、
対応して内容がマイナスに繋がる事はまずありえないからです。

それにウェブマスターツールからの要求や改善に対応していくと、
自然と内的SEOに関しての知識も磨かれていくのでおすすめです。

 

5.robots.txtでクロールを管理する

robots.txtでクローラーを管理する

サイトマップの送信と同じくらいやった方がいいです。

僕もこのブログにrobots.txtを導入していますが、
クローラーの巡回を適切に設定したら、ロングテールからのアクセスが増えました。

またrobots.txtには、クローラー用のサイトマップを載せておくと、
クローラーの巡回効率もあがるそうです。(googleもやってますし、そう言う事なんだと思います。)

(参考)googleさんのrobots.txt

 

他にもrotobs.txtを使えば、
301などのリダイレクトを使ったりする場合、

リダイレクト用のファイルをインデックスさせないように
ディレクトリフォルダ単位で、クロールを禁止する事が可能です。

「no index」タグを使用する人も多いと思いますが、
「Disallow」設定でクロール巡回を禁止するのも便利です。

(参考)robots.txtについて
(「Search Console ヘルプ」様より)

 

この応用方法として、robots.txtを使い
自分のバックリンク情報を見せない様に、

googlebotだけのサテライトサイトの巡回を許可して、
ahrefsなど他のクローラーの巡回は全て拒否するという裏ワザもあります。

こんな風にrobots.txtを使えば、
意外とアフィリエイターがやりたい事が出来てしまいます。

 

最近このrobots.txtについて勉強していますが、
バズ部さんの記事が個人的に気に入っているので紹介します。

robots.txtの書き方と効果的な活用法
http://bazubu.com/robots-txt-16678.html
(「バズ部」様より)

 

外的SEOに関して

最近は外的SEOを語るアフィリエイターは
すっかり絶滅危惧種になっている感がありますが、僕はそんな事はないと思っています。

むしろ、何だかんだ外的リンクと言うのは、最後には絶対に必要だろうと思っている人間です。

 

これはグーグルの検索エンジン最適化スターターガイドを読んでいれば分かるのですが、

アンカーテキスト付のリンクや、外部リンクが有効であることは、
これらの情報からも良く分かります。

 

ただ問題なのは、
「どうやれば効率よくリンクを効かせ、ペナルティを受けないのか?」という事。

ただこれを100%分かっているのなら、みんなSEOでウハウハなので、誰も答えは分かりません。
むしろアフィリエイターなのであれば、

    ・圏外に飛ばされても良いサイト
    ・ペナルティを受ける為に頑張るサイト
    ・リンクだけで上げようとするサイト
    ・内部SEOだけで順位アップを狙うサイト
    ・総合的にSEO対策して、集客を目指すサイト

こんな風に、色んなタイプのサイトを作成しながら、
グーグルの順位アップについて積極的に考えていくべきと考えてます。

 

6.自然なリンクを最初からあてにしない

自然リンクを期待しない

グーグルの順位アップを考えていく上で、
自然なリンクは「初期段階ではあてにしない」ということです。

   ・コンテンツisキング
   ・良い記事を書けば、集客につながる。
   ・本当に価値のある情報を提供することを目指す。

こういった事を目指せば、自然と被リンクは集まってくるものだ。
とよく言われますが、それは当たり前の話。

 

問題なのは、それまでの間に、どうやって人に注目をしてもらえるのか?
この段階を見逃している人が多いために、結局アクセスを集めるのに苦労している人を多く見かけます。

なので、より早い段階から注目を集めたいのであれば、
初期の段階では、自作自演のリンクはやっぱり必要であると考えています。

 

7.リスク覚悟の自演リンクはいる

自演リンクは必要

今話した背景もあるからこそ、僕はペナルティを受けるリスクは覚悟の上で、
自作自演のリンクはどこかで必要になると思っています。

もちろん記事の数や、クローラーの巡回頻度は大切ですが、
リンクほど狙ったKWで上位表示に貢献してくれる要素はないからです。

問題なのは、どの程度のリンクの数や内容で、
ペナルティのフィルターが発動するのか?という点です。

 

個人的には月1本~2本位までなら
許してくれるんじゃないのかなぁと思ったりしています。

ただ実際の所は良く分かりません。

最終的には自作リンクを含めた、
サイト全体の健全性みたいなものを高めて、総合的に判断されている気がします。

 

8.どうしようもない自演リンクも時にはある

自然な自演リンクとは?

僕のブログの場合、

 ・youtube
 ・facebook
 ・twitter
 ・ameblo

これらのソーシャル系のサイトから、自演リンクがかなり入っています。

別にこれは自演をしたいと思ってやっていると言うよりも、
純粋にサイトやブログの宣伝として活用している感じです。

 

一応、この程度の範囲であれば、
グーグルの検索エンジン最適化スターターガイドでもOKとしてくれている印象があります。(28ページ参照)

他にも、僕の場合は無料のレポートスタンドに投稿する時に、
自分のブログURLなどを載せているので、結果的に外部リンクとして計測されるかもしれません。
(nofollowの事が多いですが…)

 

その他のグーグルの順位アップ対策について

グーグルの順位アップと直接的には繋がりがないかもしれませんが、
これからは重要な要素になるだろうなと思う事をまとめました。

キーワードは

  ・ソーシャルとの連携
  ・負けない土俵

の2つです。

僕はこの2つをいかに盤石にしていくかを、
このブログの一つの目標にしています。

もしあなたもグーグルの順位だけに一喜一憂する生活を辞めたいのであれば、
この「ソーシャル連携」や「負けない土俵」と言うのは、ぜひチャレンジして下さいね。

 

9.ソーシャルとの連携をしておく

ソーシャルとの連携

これはグーグルの順位アップと言うよりも、
単純に集客力の強化と言う意味合いが強いです。

今の時代ソーシャルメディアと連携して損はありません。

僕のブログでも、
検索エンジンの次に多いのが、facebookからのアクセスです。

 

まだyoutubeの方は、動画の数が少なすぎて、ごくまれにしかアクセスが来ませんが、
今後強化をしていけば、アクセス源としては充分見込めるんじゃないかと思っています。

 

せこい話、動画を投稿して行けば、
合法的に「youtube.com」からリンクを貰えますし(笑)

一般的なアフィリサイトだと、ソーシャルとの連携が難しいですが、
連携できるほどの価値のあるサイトだと、ロングテール集客も劇的に改善されると思います。

 

10.負けない土俵を作っていく

負けない土俵を作る

これもグーグルの順位アップとは直接的には関係はありません。

ただ、この「負けない土俵」の完成を目指していくことによって、
結果的に、グーグルの順位アップに繋がると思っています。

 

「負けない土俵」と言うのは、
分かりやすく言えば「only1」みたいなものです。

「この話題なら、こいつに聞けば大丈夫だ」
と思って貰える様なサイトつくりを目指すという感じです。

これを「オリジナルコンテンツ」とか「独自コンテンツ」とか、
安っぽい言葉で理解して欲しくないんですが、意味としては近いと思います。

 

アフィリエイターが辛いのは、最終的なゴールは、
必ず「アフィリリンクをクリックしてもらうこと」なので、

どれだけ頑張ってサイトを作成しても、切り口や視点を変えても、
最終的な結論は、どのサイトも同じで、勧めてくる案件も同じになること。

なんなら、コピペサイトのコピペサイトまである。
そりゃグーグルからの上位表示も難しくなる訳です。

 

だからこそ、

「この話題なら、こいつに聞けば大丈夫だろう」
と思って貰えるアフィリサイトを目指し、

「負けない土俵」を目指すことが、
最終的なグーグルの順位アップに繋がるのだと思います。

 

アフィリサイトでこれを目指していくのは、
かなり「イバラの道」だと思っています。

でも、飽和しつつある即決系キーワードのSEOの激烈化を避けるためには、
僕はこの方向により速く舵を切った人の方が、生き残れるんじゃないかなと考えています。

もちろん、外部リンクゴリゴリのSEOもやるんですけどね。
でもこれは、自分のSEOスキルの向上というか、ゲームみたいなもんです(笑)

 

出来るところから、挑戦してみて下さい

グーグルのSEO対策や順位アップと言うのは、
日々色んな情報が飛び交っているので、迷走しがちです。

特にSEOについて真剣に考えている人ほど、
毎日色んな情報に左右されて困っていると思います。

 

そんなあなたに僕から伝えたいのは、
「少しずつ背伸びして挑戦していくこと」です。

 

いきなり全部を1人で実践することなんて出来ません。
でも、情報公開をしていると言う事は、何らかの形でその人が掴んだ成功パターンであることが多いです。

だったら、まずは1個ずつ実践して試していく。
少しずつで良いので毎日実践していく。

こういった積み重ねが、きっとあなた自身のレベルアップに繋がると思います。

 

■追伸1■
今回参照させて頂いたのはこちらのサイト様
【保存必須】SEOに関連するGoogleの公式見解と資料10選
(「ferret」様より)

検索エンジン最適化スターターガイド
(「google」様より)

robots.txtの書き方と効果的な活用法
(「バズ部」様より)

ありがとうございます(`・ω・´)ゞ

 

■追伸2■
アフィリエイトを真剣に考えているのなら、
ぜひあなたもこのメルマガに参加して下さい。

きっと面白くて毎日読みたくなると思います!

>>メルマガの詳しい情報はこちらをクリック!<<

ささみりん

ささみりんアフィリエイト・トータルアドバイザー

投稿者プロフィール

1984年生まれ

2011年よりアフィリエイトに着手。
2012年ペラサイト運営だけで100万円を突破
2013年には月1000万円まで突破
2014年にペナルティで報酬が瓦解。
2015年には月300万円にまで持ち直す。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

姉妹サイトに「起業するには?年収3000万の起業家が語る99%失敗しない起業の法則」がある。

好きな言葉は「一期一会」「今がスタート」「どうせやるなら本気でやる」

さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:ささみりん

ささみりん

1984年生まれ。2013年、月収1000万円を超える。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ページ上部へ戻る