アフィリエイトで稼げるジャンルが激戦区なら!5つの対処法!

稼げるジャンルだけど激戦区・・・。そんな時は?

前回の記事では、アフィリエイトで稼げるジャンルの探し方を紹介しました。

記事の最後で、

×「ここはライバルが多そうだから自分にはムリだな」
○「ライバルが多い=稼げるからこそ集まっている」

と言った内容を書いておりました。

 

今回はそんな「稼げるけれどそこは激戦区」な場合のアフィリエイターの戦い方をいくつか紹介したいと思います。

激戦ジャンルでの戦い方

1.SEOで真っ向勝負で戦う
2.商標キーワードや2語3語キーワードで逃げる
3.別ジャンル同案件で攻めてみる
4.同ジャンル別案件で攻めてみる
5.諦める

※ジャンルと案件の違いについてはこちら

 

今までの僕の行動パターンを振り返ると、この5つのパターンに分類することが出来ると思います。

1番と5番はすぐに思いつくとして、どれも大切な視点です。

 

1.SEOで真っ向勝負で戦う

これはアフィリエイターなら必ずとるべき行動の一つ。

サイトアフィリエイトは最終的にはSEOが強くならないと、どうしても生き残ることが出来ません。

なので、ムリそうに思えても少し背伸びして挑戦してみることも大切です。

もちろんこれは「少しでも勝算がある時」の話。

明らかに無理そうな時は諦めることも大切ですが、初心者アフィリエイターはやる前から諦めている事が多いので、まずはやってみて下さい。

 

2.商標キーワードや2語3語キーワードで逃げる

情報商材やアフィリ塾で書かれている内容の一つ。僕のブログでも良く紹介している方法です。

「脱毛」で上位表示が難しいのであれば、

「脱毛+○○」
「脱毛+○○+○○」
「商標名」
「商標名+○○」

と言った内容で、アクセス数は少ないけど、ライバルも少なく、成約率が高いキーワードを攻める。

これはサイトアフィリで稼ぐ上では大切な視点です。

そこが稼げるジャンルで、市場規模がデカいと知っているからこそ取れる戦略の一つです。

また、ロングテールを狙って、コンテンツサイトで対抗するのも有効な方法の一つです。

 

3.別ジャンル同案件で攻めてみる

これを紹介する人はあまりいませんが、いわゆる「ねじれキーワード」と呼ばれる方法らしいです。(僕は名前の由来は良く分かりませんが…)

要は、
「同じ案件を、別のジャンルで成約で来たらブルーオーシャンじゃん!」

という考え方。

 

分かりやすい例としては、

案件「キャッシング」
ジャンル「引越し」や「脱毛」

「引越しや脱毛で使うお金がないなら、キャッシングしませんか?」

 

案件「脱毛エステ」
ジャンル「恋愛」「水着」

「彼と海に行く前に、脱毛してキレイになっちゃお!」

 

案件「ネット回線」
ジャンル「引越し」

「引越しをするなら、事前にネット回線を申し込んでおいた方がいいですよ」

と言うような使い方。

 

ただ、あまりにもジャンルがかけ離れすぎたり、つじつまが合わないと、上手く行かないことの方が多いので、使い方が難しい。

けれど、ハマればめっちゃ強いパターンの一つです。

 

4.同ジャンル別案件で攻めてみる

「ねじれキーワード」の応用系。

同じジャンルなのに、別の案件を貼った方が相性の良いキーワードが意外と沢山あります。

 

良くある例

ジャンル「キャッシング」
案件「債務整理」や「クレジットカード」

「キャッシングのし過ぎなら、債務整理を考えましょう」
「キャッシングなら、クレジットカードでも出来ますよ」

 

ジャンル「脱毛サロン」
案件「家庭用脱毛器具」

「脱毛サロンの予約が取れないなら、家庭用脱毛器の方が安く簡単に出来ますよ」

 

ジャンル「ダイエット」
案件「酵素飲料」

「早く痩せたいなら、酵素飲料で断食ダイエットがおすすめ」

 

今紹介したのは、どれも有名過ぎてすでにライバルが過熱してますが、イメージとしてはこんな感じ。

キーワードを探し始めると、自分が扱いたい案件とは別の案件を貼った方が、高い反応が取れるキーワードが必ず出てきます。

「あれ?これってもしかして…」と思ったらすぐ行動。

そう言ったキーワードを積極的に探していくことも、出来るアフィリエイターの心得の一つです。

 

稼げるキーワードの探し方はこちら
アフィリエイトの「稼げるキーワードの探し方」とは?

 

5.諦める

時には諦めも肝心です。

もし1~4の全部に挑戦しても、全く歯が立たなかったら、諦めましょう。

ただし、やる前から諦めたり、少しやっただけで諦めるのは論外。

 

必ず、全力で取り組んで結果が出なかった時にだけ、諦めるという選択を行いましょう。

その為にも、「やる」か「やらないか」を、参入する前に覚悟を決めてから入るべきです。

そうしないと、アフィリエイターとしての地力は身に付きませんから。

実践した内容をしっかりと踏まえ、次の稼げるジャンルを探していけば、きっとハマる案件があるはずです。

 

どんな過熱案件にも必ず「スキマ」は見つかる

これは初心者アフィリエイターに多い言葉なのですが

「でも、その案件ってもう飽和してますよね?」
「そんな過熱気味の案件なんて出来ないですよ」

もうこれは、僕の前では絶対に言わないで下さい。

 

よく飲み会などで、稼げる案件やジャンルを聞かれることが多いのです。

そして、僕から実際に稼げる案件名やジャンルを相手に伝えると、必ず今の様な反応を返してくる人がいます。

気持ちは分かるんですが、

「じゃぁお前は一体何を期待して質問したんだ??」

と僕は思ってしまうタイプなのです。

「ライバルが少なくて、初心者にも出来て、そこそこ稼げる案件を僕だけに教えて下さい」

と言うような意味なのは分かるんですが、

そんな虫のいい案件があれば、それこそこっちがやってるわ!とA ̄▽ ̄;)

 

僕としては、アフィリエイトを今から取り組むと言うのは、

「すでに歴戦のアフィリエイター達がいる戦場に飛び込む」

という事をしっかり自覚して飛び込んでこいと思うのです。

 

出来ないことがもしもあるなら

・どうすれば、それを実現可能にするのか?
・どこのレベルまで妥協すれば、実行可能になるのか?

ここにもっと力を入れていかないと、後発アフィリエイターにはチャンスなんて絶対に来ません。

 

逆に言えば、出来る手段や手を打ち続ける限り、万策尽きることは絶対にないという事です。

今回紹介した1~4の方法を選択して、徹底的に突き詰めて行けば、必ずどんな過熱案件にもチャンスや「スキマ」は見つかります。

もし、どうしてもダメだって時は僕に相談してくれたら、出来るかぎりフォローするので、一緒にがんばりましょう(`・ω・´)ゞ

 

そんな訳で、

アフィリエイトの相談ができるのはメルマガだけですよ(笑)

>>メルマガの詳細はこちらをクリック!<<

ささみりん

ささみりんアフィリエイト・トータルアドバイザー

投稿者プロフィール

1984年生まれ

2011年よりアフィリエイトに着手。
2012年ペラサイト運営だけで100万円を突破
2013年には月1000万円まで突破
2014年にペナルティで報酬が瓦解。
2015年には月300万円にまで持ち直す。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

姉妹サイトに「起業するには?年収3000万の起業家が語る99%失敗しない起業の法則」がある。

好きな言葉は「一期一会」「今がスタート」「どうせやるなら本気でやる」

さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:ささみりん

ささみりん

1984年生まれ。2013年、月収1000万円を超える。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ページ上部へ戻る