大抵のアフィリエイターが間違ってるコピーライティングの落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大抵のアフィリエイターが勘違いしているコピーライティングの意味とは?

今回はアフィリエイトとライティングについてのお話。

「アフィリエイト ライティング」

で検索してみると、色んな方の意見とかが出て来たかと思います。

アフィリエイト初心者のライティング技術UPのコツ

コピーライティングアフィリエイトプログラム

コピーライティングとアフィリエイト。

心理学→コピーライティング

コピーライティングをアフィリエイトに応用して成約率を10倍上げろ!

などなど。

リンク先の内容をザックリ要約すると、

「ライティングを磨けば稼げる様になる」
「ライティングを磨けばブランディングに繋がる」

と言うようなことが書かれてあるかと思います。

 

んで、彼らの意見はお説ごもっともなのですが、恐らくそれは「重要な点を見落としている」と僕は思うのです。

そんな訳で、僕が今日お伝えしたいのは「多くの人が見落としている、アフィリエイト・コピーライティングの落とし穴」について。

 

サイトアフィリにおけるライティングの位置づけとは?

まず多くの人が誤解しているのが「コピーライティング」と「ライティング」をごっちゃにしている点。

違いを説明すると、

ライティングは「文章を書く」こと
コピーライティングは「“広告”“宣伝”の文章を書く」こと

乱暴な解説をすればこんな感じです。

まずこの2つの言葉の違いを適当に理解して話をしている人が多すぎます。

 

この2つの言葉にもう少し解説を付け加えると、

「ライティング」という言葉自体には特別な意味は含まれません。単に「文章を書く」という意味合いで使われることの方が一般には多いはず。

「コピーライティング」「商品やサービスを宣伝・販売するために書く」ことを指していることが多いです。

繰り返しますが、コピーライティングには「宣伝・販売するために書く」こと指しています。

 

勘のいい人なら、もう気付いたかもしれませんが、ここに大抵のアフィリエイターが気付いていない「落とし穴」があるんですね。

それは、大抵のアフィリエイターが

「コピーライティングスキル」=「商品を売るスキル」

この図式しか見えていないこと。

確かに「コピーライティング」は「物を売る為に書く」ことが基本的な意味です。

ですが、「コピーライティング」のもう一つの意味である「宣伝する為に書く」視点が抜け落ちている人が大半なんです。

 

だから、多くのアフィリエイターがコピーライティングについて記事を書き起こすと

・コピーライティングで売り上げが倍増!
・売り上げが10倍に増える
・人にものを欲しくさせるライティング

と言った、おかしな結論しか見えてこなくなるんです。

コピーは販売にも宣伝にも使える。

この両方の視点を持っておかないと、サイトアフィリエイトにおけるコピーライティングは不十分だと僕は思っています。

もっと言えば、コピーライティング意味を知り、正しく使わないと売り上げは発生しないと思います。

これについては、次回の記事で解説しますね★

ささみりん

ささみりんアフィリエイト・トータルアドバイザー

投稿者プロフィール

1984年生まれ

2011年よりアフィリエイトに着手。
2012年ペラサイト運営だけで100万円を突破
2013年には月1000万円まで突破
2014年にペナルティで報酬が瓦解。
2015年には月300万円にまで持ち直す。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

姉妹サイトに「起業するには?年収3000万の起業家が語る99%失敗しない起業の法則」がある。

好きな言葉は「一期一会」「今がスタート」「どうせやるなら本気でやる」

さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:ささみりん

ささみりん

1984年生まれ。2013年、月収1000万円を超える。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ページ上部へ戻る