「100ページ」と「100ドメイン」どちらが有利?

「100ページ」と「100ドメイン」どちらが有利?

※このページは過去に配信したメルマガを少し編集して一部だけ公開します。
 未公開のメルマガもたくさんありますので、ぜひメルマガに登録して下さいね!

こんばんわ!
ささみりんです。

同じ量産なら「100ページ」と「100ドメイン」どっちが良いのか?
この問いって、アフィリ経験者なら誰もが一度は考えた問いだと思います。

実際、僕もアフィリを始めて5年以上が経ちますが、
この問いは今でも考えることが多いです。

ただ結論から言えば「好きな方を選べばいい」
と言う形で、毎回僕は落ち着きます。

 

どうして僕がそういう結論に毎回至るのかと言うと、

当然、両者に一長一短の特徴があるからであり、
どちらでも稼げるし、どちらにも面白さがあるからです。

ただ、この両者の違いを詳しく解説し出すと、
文章がとてつもない長さになるので、

今回はそれぞれの特徴を簡単に解説して行きたいと思います。

 

100ドメインで大量量産を目指す

最近は絶滅危惧種と言われている(?)ペラサイトの量産スタイルですが、
上質なサテライト群と、必要最低限の記事条件が整えば、

狙ったKWで上位表示させることは可能です。

 

ただ最近は、完全なペラサイト単体では勝負がしづらく、

・TOP 2000文字以上
・下層 500文字×3記事以上

上のような条件を最低条件にしてサイトを作り、
SEO対策をしていくことが前提条件です。

 

量産アフィリの面白い所は、一度SEO戦略がハマると
面白いくらいどのKWでも上位表示できること。

その一方で、SEO戦略がハマらない限り、
上位表示でかなり苦しい思いをします。

しかも、狙ったKWで上位表示させないと、
アクセスが全くやってこないのが難点です。

ただ、1つのドメインに100記事突っ込むよりも、
早いペースで報酬を積み重ねて行くことができるので、

初期段階で加速度的に報酬を伸ばしたいなら、
大量にドメインを使って量産するのはアリだと思います。

また、サイト作成や作業負荷に強くなれるのも
大きなメリットだと僕は感じています。

 

実際、僕も毎月10~20ドメインを仕入れて、
外注さんに新規サイトを作ってもらっていますが

多少の品質は無視して積極的に作れるのは、
サイト量産スタイルの利点だと思います。

その分、経費を垂れ流す部分が大きいので、
作業時間と予算との相談が常に必要です。

 

100ページ以上の大型サイトを目指す

一方で、100記事以上突っ込んだ
大型サイトを目指していくスタイルもあります。

こういった大型サイトの最大の利点は
「圏外に飛びづらくアクセスが安定しやすい」点です。

 

分かりやすい例としては、
僕のブログなどが典型的だと思います。

かれこれ半年以上放置した状態にも関わらず
googleのアクセスだけで月1000アクセス以上あるのは、

ペラサイトの量産戦略では考えられない話です。

 

もちろん、これは上手くサイトテーマと、
狙ったキーワードで各記事が上位表示した結果であり、

単純に100記事以上突っ込んだら、
どのサイトでもこうなれる訳ではありません。

僕も過去に何度か外注記事だけで
300記事以上の大型サイトを作った経験がありますが、

記事の品質やキーワード設定が甘いと、
アクセスが集まらない悲惨なサイトしか完成しません。

 

事前に「サイトプラン」や「各記事のキーワード設定」
「サイト作成技術」などが上手くかみ合って、

総合的なサイト全体の評価で
色んなKWでの上位表示を目指していく。

それが100ページ以上の大規模サイトを
目指していくときの基本となります。

 

結論。「本当にどっちでもいい」

今回は100記事突っ込んだ大型サイトと、
100ドメイン使った量産サイトの特徴を簡単に解説しました。

ただ、どっちの戦略を取るかは、
本当にあなたの好きな方を選択するので構いません。

僕は両方ともやっていますが本当に一長一短だと思います。

どちらの方針を採用しても慣れるまで時間がかかりますし、
それぞれに面倒な作業工程があるので、どちらを選んでも大変な場面に遭遇します。

それだったら「好きな方を選択すればいい」そんな風に僕は思う訳なのです。

 

最近は、圏外に飛びにくいサイトを持っていた方が、
「僕が死んだときも家族にお金が入るかな~」なんて

ふとそんな事を思うときがあったので、
やや大きめのサイトを作るようになりました。

ただ、アフィリサイトで大型サイトを作っていて思うのは、
「量産×SEOの方が収益効率が早い」ということです。

大型サイトで記事を突っ込んでいっても、
成約に結びつかないアクセスも増えて行くので、

それだったら、稼げるKWを積極的に狙っていった方が、
明らかに稼げる早さは違うよな~と感じています。

 

でも、量産×SEOの組み合わせだと、
1年以上放置していたらほぼ確実に圏外に飛びますし、

大型サイトが成長すると、何となく書いた記事が、
それなりのKWで上位表示しだすので、

本当に一長一短だよなと感じています。

 

投資的な視点でみれば、

「量産方式は短期投資、大型サイトは中長期投資」

こんな感じで、あなたの状況や方針によって
選びたい方針を決めて行くと良いかと思います。

ただどちらも「投資」なので、
掛けた投資にリターンが返ってこない可能性も十分あります。

僕が外注さんに作らせた
大量の大型サイト失敗作があるのがその証拠です。

量産サイト以上に、大型サイトは
「作ればいいんでしょ」が通用しない戦略です。
もしあなたがいつか大型サイトを目指す場合は、
量産スタイルの何十倍もの愛情を掛けて作ってあげて下さい。

 

本当にどちらの方針でも構わないので、
あなたの好きな方針を選んで下さいね。

それでは今日はこの辺で!

アフィリエイトで稼ぎ続けられるよう
一緒に頑張っていきましょう!

ささみりん

 

■追伸■
こんな感じで不定期ではありますが、
メルマガも配信しています。

興味を持っていただけた場合は、
ぜひともメルマガに登録して下さいね!

>>メルマガの詳細はこちらをクリック!<<

ささみりん

ささみりんアフィリエイト・トータルアドバイザー

投稿者プロフィール

1984年生まれ

2011年よりアフィリエイトに着手。
2012年ペラサイト運営だけで100万円を突破
2013年には月1000万円まで突破
2014年にペナルティで報酬が瓦解。
2015年には月300万円にまで持ち直す。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

姉妹サイトに「起業するには?年収3000万の起業家が語る99%失敗しない起業の法則」がある。

好きな言葉は「一期一会」「今がスタート」「どうせやるなら本気でやる」

さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:ささみりん

ささみりん

1984年生まれ。2013年、月収1000万円を超える。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ページ上部へ戻る