アフィリエイト基礎講座vol20「案件の選び方その2(成約率編)」

アフィリエイト基礎講座vol20「案件の選び方その2(成約率編)」

アフィリエイトの案件探しでは「成約率」を知ることが大切!

アフィリエイトで案件探しをするときに、
前回の動画では「まずは単価ありきで調べることが大切!」と解説しました。

この単価の次に大切にして欲しい項目が「成約率」です。

実はこの成約率を正確に知っておくことで、
「何クリック誘導できたら売り上げが発生するのか?」が計算できるのでとても大切なんです。

 

つまり、
商品ランディングページの成約率を知っておけば、

 ・商品ページの成約率が悪いのか?
 ・アフィリサイトのリンク位置が悪いのか?

こんな風に、
売上がなかなか出ない時の原因追究が可能になります。

 

成約率を知ること自体は、
各ASPに問い合わせをすれば快く答えてくれるケースがほとんどなので、

まずはぜひ気軽に聞いてみて下さい。

 

それでは、成約率についての解説動画をどうぞ!

 

案件を選ぶときにコツは「成約率」

動画でも解説したとおり「成約率」と言うのは、

商品ページの中において、
どれくらいの人が購入するかを割合で表した数値。です。

 

例えば、100人の人が商品ページに訪問したとして、

・100人中10人がその商品を買う
⇒その商品の成約率は10%になります。

・100人中5人がその商品を買う
⇒その商品の成約率は5%になります。

・100人中3人がその商品を買う
⇒その商品の成約率は3%になります。

こんな感じのものが成約率だと思って下さい。

 

この成約率が分かると、
具体的にどういったメリットがあなたにあるのか?

メリット自体は色々とあるんですが、
一番大きな目的としては、

「安定的に売れやすい案件かどうかを見極めることができる」

という事があります。

 

仮に、アフィリページから毎月100クリック誘導した場合、

 ・成約率が10%の案件
月10件の売り上げが発生

 ・成約率が5%の案件
月5件の売り上げが発生

 ・成約率が3%の案件
月3件の売り上げが発生

こんな風に、成約率が高いと毎月の売上頻度も高くなるので、
売上の安定や精神的な安定もすごくプラスになります。

 

結論から言えば、
成約率が高いLP(商品ページ)を探すことがとても大切だと僕は思っています。

成約率が高い案件の方が安定的に売れますので、
特に初心者の人にはおすすめです。

そもそも、アフィリページでクロージングしなくても、
商品ページがもつ商品力で成約まで動いてくれるのは大きなメリット。

稼ぐのが上手いアフィリエイターほど、

誰もいなさそうなニッチな案件で一発逆転を狙うのではなく、
成約率を高い案件を狙っていく傾向にあります。

ぜひ参考にして下さいね!

 

「成約率」が高いLPのポイント

成約率の高いLPのポイントとしては、

 ・1カラムのもの
 ・文字が大きい
 ・申し込みボタンが大きい
 ・申し込みフォームが単純

こういった傾向があります。

特に最近はスマホ需要がハンパなく高いので、
スマホ表示のLPの完成度もとても重要な指標になります。

 

分かりやすい例としては、
僕のメルマガの登録フォームとかがそうです。

決して良い例とは言い切れないのですが、
メルマガの登録フォームとしてはかなりシンプルになっています。

一応、上の4条件は満たしているつもりです。

※本当はABテストとかを段階的にやる必要があるんですけどね…

 

一番良いのは、あなた自身の目で、
色んな案件のLPをみていくと自然と目が養われていくと思います。

ある程度アフィリをやっていくと、
一目見ただけで「売れるLP」「売れないLP」が分かると思うので、

まずは色んな案件のセールスページをチェックしてみて下さい。

 

ASPに「成約率」を聞いてみる

成約率の調べ方として、一番確実なのは
「ASPに直接確認をする」という方法です。

これを言ってしまうと身も蓋もないのですが
「やっぱり直接確認するのが一番確実」です。

 

もしあなたの中で、実際にアフィリエイトしたい案件があれば、
まずは直接ASPに問い合わせをして聞いてみて下さい。

成約率の目安としては動画でも伝えた通り、
大体5%以上の案件を目指していくと良いです。

逆に5%を切る案件の場合、
アフィリページ自体に相当なアクセスを集める必要があります。

なので、よほど月間PV数に自信のあるサイトじゃない限り、
僕としてはあまりおすすめはしません。

 

CF)成約率のシミュレーション

参考までに以下の数字でシミュレーションをします。

・月間PV数…1000ページビュー
・サイト内のクリック率…10%
・商品ページの成約率…5%

この3つの数字だけを使うと、

1000×10%×5%=毎月5件売り上げが発生

という見積もりを出す事ができます。

 

実際にはこんなキレイに数字が成り立つ訳ではないのですが、
一つの目安として計算できるようになると、視点が増えるので便利です。

成約率は案件を選ぶだけで簡単に上げられるので、
サイト収益を上げるためにはとても大切な指標です。

 

成約率が分かると原因追究も分かりやすい

今回の動画では、アフィリ案件を選ぶときのコツとして、
「成約率」という視点から解説をしました。

要点としては、

 ・成約率の高い案件を選ぶ
 ・成約率の目安は5%以上
 ・最終的にはASPに確認

という事になるかと思います。

はじめのうちは、
あまり成約率に興味が出ないかもしれませんが、

ビックキーワードで上位表示しだすと、
成約率がサイト売上に大きく影響してきます。

また、1つのジャンルに特化して行くと、
成約率の比較で案件を見直すだけで、

売上発生の安定具合が改善されることもあります。

 

ASPに確認するのが面倒くさいと感じるかもしれません。

確かに問い合わせをするのは面倒くさいのですが、
問い合わせをきっかけに担当さんが付くことも珍しくありません。

なので、まずはあなたも気軽に問い合わせをしてみて下さい。
できる担当さんを捕まえることもアフィリエイトではとても大切なことですよ!

 

僕のメルマガでも、
案件についての相談や解説しています。

良かったらメルマガ経由でご相談下さいませ!

>>メルマガの詳細はこちら!<<

 

ささみりん

ささみりんアフィリエイト・トータルアドバイザー

投稿者プロフィール

1984年生まれ

2011年よりアフィリエイトに着手。
2012年ペラサイト運営だけで100万円を突破
2013年には月1000万円まで突破
2014年にペナルティで報酬が瓦解。
2015年には月300万円にまで持ち直す。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

姉妹サイトに「起業するには?年収3000万の起業家が語る99%失敗しない起業の法則」がある。

好きな言葉は「一期一会」「今がスタート」「どうせやるなら本気でやる」

さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:ささみりん

ささみりん

1984年生まれ。2013年、月収1000万円を超える。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ページ上部へ戻る