アフィリエイト基礎講座vo.19「案件選びのポイント(価格編)」

アフィリエイト基礎講座vo.19「案件選びのポイント(価格編)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイト案件はまず価格ありきで探す

アフィリエイトに挑戦する時は、
初めにやるべき作業となるのが「案件探し」です。

そこで今回はアフィリ案件を探す時の、
いくつかのポイントを動画で解説することにしました。

今回の動画ではまず「価格」から解説をしました。

 

 

…動画を撮ってから気が付いたんですが、
正確には「価格」ではなく「単価」が正しい表現ですよね…

まぁ終わってしまったものは仕方ないですがA ̄▽ ̄;)

※「このページでは「価格」ではなく「単価」で表現を統一しますm(_ _)m

 

アフィリエイト案件を選ぶ時は「単価」が最初

1枚目のスライドは、本当にその通りで、
僕は「アフィリ単価がいくらなのか?」を基準にして探します。

特に、アフィリエイト報酬が1000円未満のものは、
ASPにどれだけ協力をお願いされても断るようにしています。

付き合いとして、案件を掲載することもありますが、
安すぎる単価と言うのは、自分の首を絞めることになりますから。

そう言う意味でも僕は、
安すぎる単価では絶対にアフィリエイトはしないと決めています。

 

ちなみに、僕の最低条件は単価5000円以上の案件です。

単価が5000円以上の案件となると、
ジャンルや案件としてはかなり絞られますが、

その分、案件探しの手間も掛からず
ライバルやSEOのリサーチに集中できるの効率が良いです。

※SEOやリサーチは大変になりますが…

 

ただ、すべての人にいきなり

「単価5000円以上の案件以外はやるな」

と言っても、なかなか真似できないと思うので、
アフィリ単価のボーダーラインとして、

「最低でも1件1000円以上の案件を探すこと」

こういう指針をもって案件を探した方が、
アフィリエイトの効率も良くなって行くかと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

高単価も低単価も売る時は一緒

動画内でも解説をしましたが、

「アフィリ報酬とSEOの難易度はほとんど関係ありません」

「全く関係がない」と言えば嘘になりますが、
「単価=アフィリエイトの難易度」ではないことは断言できます。

 

よく勘違いしている人がいるんですが、

「単価が高いっていうことは、売るのが難しいんでしょ?」

実はこれは大きな間違いなんです。

 

僕も初めのころはそういった思い込みがあって、
低単価の案件ばかりを扱っていましたが、

当時、ガンガン稼ぎだしていたのは、
高額単価の案件を扱っているアフィリエイターばかり。

そこで僕も思い切って高額単価の案件を狙っていくと、
意外とSEOの難易度も記事作成の難易度も変わらないという事実に気付きました。

 

アフィリエイトの基本は、
「アフィリリンクをクリックしてもらうこと」

ここに尽きるので、そう言う意味でも、
単価が高くても安くても、僕らがやる仕事は変わらない。

ここに気付いてしまえば、
「高額単価だからどう」という考えはなくなるかと思います。

 

この辺は実際にやってみると分かると思うので、
ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

単価が高くても知名度がなければ…

たまに情報商材などで

「アフィリ報酬1万円!」

と言った、お知らせメールが届きますが、
あまり真に受けない方が良いと僕は思っています。

 

もちろん、扱い方次第では強力な案件にもなるんですが、
サイトアフィリにおいて、情報商材は相性が悪いです。

情報商材のアフィリエイトは、
サイトよりもメルマガの方が相性が良いという感じです。

 

また、アフィリ報酬が5000円という高単価だけど、
誰も知らない様な、胡散臭い業者の資料請求案件だったり、

アフィリ報酬が10万円になっているけれど、
フランチャイズの店長募集の案件だったり、

こういった、明らかに知名度が低そうだったり、
成果地点の厳しさが予想できそうな案件と言うのは、

最初からスルーして置いた方が僕は良いかなと思っています。

 

おすすめの案件としては、動画でも解説したとおり、

 ・CM中の健康食品
 ・電車広告のカードローン
 ・折り込みチラシにある脱毛サロン

などがやっぱり知名度もありつつ、
成約率・単価も高いのでおすすめかと思います。

 

他には、

 ・FX口座の開設
 ・債務整理案件
 ・ネット回線

これらの案件も今はテレビCMなどで注目が集まっているので、
専門的な知識は多少必要ですが、とても良い案件だと思います。

ぜひあなたと相性が良さそうな案件から着手してみて下さい。

 

「何かを選ぶ」と言うことは「何かを選ばない」と言うこと

今回から数回に渡って案件探しのポイントを解説しますが、
案件探しをすることで覚えておいて欲しいのは、

 

「何かを選ぶ」と言うことは「何かを選ばない」と言うことです。

 

「何でもやります」という言葉がありますが、
あれは裏を返せば「何にも決めてません」ということになります。

アフィリエイトの特に案件探しの場合においては、
「何でもやります」は初期段階においては特に危険。

単純にこれば何も絞れていない状態なので、
これではいつまでも報酬を伸ばすに伸ばしきれません。

 

「これをする」という選択肢を持つと同時に、
「これはやらない」という選択肢を選ぶことが、

アフィリエイトの案件探しを効率よく前に進めるコツになるかと思います。

そのための一つの基準として今回は「単価」面での解説をしました。
参考になる部分が少しでもありましたら幸いです。

それでは今日はこの辺で~ノシ

 

■追伸■
メルマガでもアフィリエイトの情報を配信しています。

もしあなたが

 ・アフィリで本気で稼ぎたい
 ・会社に雇われず自由に生活したい

そんなことを真剣に考えているのなら、
きっと僕のメルマガが役に立つかと思うので、

ぜひメルマガに登録して下さいね!

>>メルマガの詳細はこちらをクリック!<<

ささみりん

ささみりんアフィリエイト・トータルアドバイザー

投稿者プロフィール

1984年生まれ

2011年よりアフィリエイトに着手。
2012年ペラサイト運営だけで100万円を突破
2013年には月1000万円まで突破
2014年にペナルティで報酬が瓦解。
2015年には月300万円にまで持ち直す。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

姉妹サイトに「起業するには?年収3000万の起業家が語る99%失敗しない起業の法則」がある。

好きな言葉は「一期一会」「今がスタート」「どうせやるなら本気でやる」

さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:ささみりん

ささみりん

1984年生まれ。2013年、月収1000万円を超える。

現在はペラサイトで磨いたスキルを元に、コンテンツ型のサイト運営も行い、ペラ・コンテンツ型の両方を運営するハイブリッド・アフィリエイターとして活躍中。

また、起業やネットビジネスに挑戦する人を支援する為、サイトを新設。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ページ上部へ戻る